攻撃と見切りどっちが強い!?|ダメージ期待値完全比較&最適な組み合わせ|MHWアイスボーン版

この記事は約9分で読めます。

永遠のライバル”攻撃“と”見切り“。

“攻撃”も”見切り”も、どちらも同じ”1スロスキル”なので、武器や防具のスロットが微妙に余った時などに、

“攻撃”で攻撃力を上げるのと、“見切り”で会心率を上げるのと、一体どっちが強いんだ!?」

と、悩んだ経験のあるハンターさんも多い事でしょう。実際、かなり分かりにくいんですよね…

しかし、もうそんな悩める日々とはおさらばです!

この記事では、”見切り”スキルのレベル別ダメージ増加率、”攻撃”スキルのレベル別ダメージ増加率、”見切り”と”攻撃”はどちらを付けるべきか空きスロット数別の最適な”攻撃”と”見切り”の組合せなどについて、詳しく書いていきたいと思います。

あーもう、計算ややこしかったわーーー

“見切り”スキルのダメージ期待値増加率

ワールド時代よりも上方修正された”見切り”

mhwib見切りスキル説明

まずは、計算が比較的簡単な、“見切り”スキルのダメージ期待値増加率から見ていきましょう。

お馴染みの”見切り“スキルは、アイスボーンから結構上方修正されています。

ワールド時代と比較してみると、

見切りLvワールド
会心率上昇量
アイスボーン
会心率上昇量
Lv1+3%+5%
Lv2+6%+10%
Lv3+10%+15%
Lv4+15%+20%
Lv5+20%+25%
Lv6+25%+30%
Lv7+30%+40%

と、全レベルで会心率上昇量が増加。ワールド時代も、なかなかの強スキルだったと思うんですけどね。

“見切り”の会心率とダメージ増加率

それでは、さらに強くなったアイスボーン版見切りの、会心率上昇による、”ダメージ期待値増加率“を計算していきましょう。

まず、”会心“が発生すると、”物理ダメージが”1.25倍“になりますね。

つまり、会心率100%の場合、ダメージ増加率は”25%”に。後はそれぞれ割り算すれば良いだけなので、計算結果を一覧表にすると、

見切りLv会心率上昇量ダメージ増加率
Lv1+5%+1.25%
Lv2+10%+2.5%
Lv3+15%+3.75%
Lv4+20%+5%
Lv5+25%+6.25%
Lv6+30%+7.5%
Lv7+40%+10%

となります。

“Lv6 ⇒ Lv7″に上がる時の会心率上昇量だけは”10%”と、他よりも高くなっているのが特徴です。

続いて、やや計算が面倒な、”攻撃“スキルのダメージ期待値増加率を見ていきましょう。

“攻撃”スキルのダメージ期待値増加率

“攻撃”スキルのレベル別効果

mhwib攻撃スキル説明

“攻撃”スキルは、レベルによって、“基礎攻撃力”と”会心率”が上昇するスキルです。

スキルの効果は、

攻撃Lv基礎攻撃力
増加量
会心率
上昇量
Lv1+3
Lv2+6
Lv3+9
Lv4+12+5%
Lv5+15+5%
Lv6+18+5%
Lv7+21+5%

となっています。

Lv4以降は、”会心率+5%“のボーナスも加わっていますね。

“攻撃”のレベル別ダメージ増加率

mhwibネルギガンテ大剣

ここがややこしいポイントなのですが、”攻撃”スキルのダメージ増加率は、武器の元の攻撃力によって変わってしまいます

そこで、マスターランク序盤から中盤でお世話になる、「鉱石素材系武器の最終強化」と、最終盤で作れる「ネルギガンテ素材系武器の最終強化」の二種類をピックアップして、計算していきましょう。

ちなみに、”鉱石素材武器”は、大体「クロムなんちゃら」、”ネルギガンテ素材系武器”は、大体「滅なんちゃら」と、名前が付いています。

さて、”表示攻撃力“は各武器種でバラバラでも、”基礎攻撃力(武器倍率)“に変換すると、同じ素材から出来ている武器の場合、面白い事に、全武器種でほぼ同じ数値になっています。

“鉱石素材系武器”と”ネルギガンテ素材系武器”の場合も、

基礎攻撃力(武器倍率)
  • 鉱石素材系武器:260
  • ネル素材系武器:290

ぐらいの数値に、多くの武器種がなっていました。

この辺りの計算については、前回の記事、”攻撃スキルのダメージ増加率考察|基礎攻撃力(武器倍率)と表示攻撃力って?“に詳しく書いてあります。

なので、今回はそこの計算は省略して、“攻撃”スキルのダメージ増加率計算の結果だけ拝借すると、

攻撃
スキルLv
基礎攻撃力
増加量
会心率
上昇量
ダメージ増加率
鉱石系(260)
ダメージ増加率
ネル系(290)
Lv1+3+1.09%+0.98%
Lv2+6+2.18%+1.97%
Lv3+9+3.27%+2.95%
Lv4+12+5%+5.61%+5.18%
Lv5+15+5%+6.71%+6.17%
Lv6+18+5%+7.80%+7.15%
Lv7+21+5%+8.89%+8.14%

となりました。

Lv3からLv4に上がる時には、”会心率+5%”のボーナスのおかげで、他のレベルよりもダメージ増加率が高くなっているのが特徴です。

それでは、いよいよ“見切り”と”攻撃”はどちらが強いのか、ダメージ増加率を比較していきましょう。

“見切り”と”攻撃”のダメージ増加率比較

“見切り”と”攻撃”のダメージ増加率比較表

ここまでの、“見切り”と”攻撃”のダメージ増加率計算の結果をまとめて比較すると、

スキルLv見切り攻撃
鉱石系(260)
攻撃
ネル系(290)
Lv1+1.25%+1.09%+0.98%
Lv2+2.5%+2.18%+1.97%
Lv3+3.75%+3.27%+2.95%
Lv4+5%+5.61%+5.18%
Lv5+6.25%+6.71%+6.17%
Lv6+7.5%+7.80%+7.15%
Lv7+10%+8.89%+8.14%

となっています。

ご覧の様に、Lv1~Lv3までは、攻撃力に関わらず、“見切り”のダメージ増加率の方が”攻撃”を上回っています。

しかし、Lv4からは”攻撃”の方に”会心率+5%”のボーナスが加わるので、期待値は逆転。

鉱石素材系武器(基礎攻撃力260)の場合、Lv4~Lv6で”攻撃”が”見切り”を上回りますが、Lv6⇒Lv7での会心率上昇量が大きい“見切り”が、Lv7の時点で再逆転する結果となりました。

ネルギガンテ系武器(基礎攻撃力290)の場合は、Lv4で”攻撃”が”見切り”を上回るものの、Lv5で早々と逆転を許し、そのままLv7まで”見切り”有利となっています。

基礎攻撃力が上がるほど、掛け算系の”見切り”の方が有利になっていくのが分かると思います。

“見切り”と”攻撃”どちらを付けるべきか

以上の結果をふまえて、「“見切り”と”攻撃”のどちらか一方だけ」を付ける場合、どちらを付けるべきかを表にまとめると、

攻撃と見切りLv別有利スキル表
スキルLv鉱石系(260)ネル系(290)
Lv1見切り見切り
Lv2見切り見切り
Lv3見切り見切り
Lv4攻撃攻撃
Lv5攻撃見切り
Lv6攻撃見切り
Lv7見切り見切り

となりますね。

基礎攻撃力たった30の違いだけで、付けるべきスキルが変わってしまうという、なかなか面白い結果になっています。

それでは最後に、空きスロット数別に、“攻撃”と”見切り”を複合して、いくつずつ付ければ最適なのかの組合せについて、考察していきたいと思います。

空きスロット数別の最適な組合せ

攻撃7見切り7

先ほどは、”攻撃”と”見切り”を「どちらか一方だけ付ける場合」で比較してみましたが、ここからは、「“攻撃”と”見切り”を複合的に」使った場合、どの組み合わせがダメージ増加率が一番高くなるのかを、見ていきましょう。

これまで同様、武器の基礎攻撃力で期待値が変わってきますので、

  • 鉱石素材系武器:基礎攻撃力260
  • ネルギガンテ系素材武器:基礎攻撃力290

の二つのパターンに分けて、空きスロット数が1~14の場合について、全て計算してみましたので、ご覧ください。

なお、マイナス会心を含めて、元の武器の会心率は、いくつでも結果は同じになります。

鉱石素材系武器の最適な組合せ

鉱石系最適な組み合わせ表
空きスロ数見切り数攻撃数ダメージ増加率
11+1.25%
22+2.5%
33+3.75%
44+5.61%
514+6.86%
624+8.11%
77+10%
871+11.09%
972+12.18%
1073+13.27%
1174+15.61%
1275+16.71%
1376+17.8%
1477+18.89%

まずは、基礎攻撃力260の、鉱石素材系武器の場合から見ていきましょう。

空きスロット数1~3の場合は、”見切り”の方がダメージ増加率が高いので、迷わず“見切り”のみを付けるのがおすすめです。

空きスロ数4~6の場合は、”攻撃Lv4以上で会心率+5%”のボーナスが付く関係で、「攻撃4+残りを見切り」にするのが最適解に。

そして、空きスロ数7以上の場合は、見切り7の期待値が高いので、「見切り7+残りを攻撃」とするのが最高のダメージ効率となっています。

最終的に、「攻撃7+見切り7」とした場合のダメージ増加率は、”+18.89%“となりました。

ネルギガンテ素材系武器の最適な組合せ

ネル系最適な組み合わせ表
空きスロ数見切り数攻撃数ダメージ増加率
11+1.25%
22+2.5%
33+3.75%
44+5.18%
514+6.43%
624+7.68%
77+10%
871+10.98%
972+11.97%
1073+12.95%
1174+15.18%
1275+16.17%
1376+17.15%
1477+18.14%

続いて、基礎攻撃力290の、ネルギガンテ素材系武器について見ていきましょう。

ダメージ増加率を計算してみると、意外な事に、基礎攻撃力の高いネルギガンテ素材系武器の場合でも、鉱石素材系武器の場合と全く同じで、

  • 空きスロ数1~3:見切りのみ
  • 空きスロ数4~6:攻撃4+残りを見切り
  • 空きスロ数7以上:見切り7+残りを攻撃

の組合せが、最高のダメージ増加率という結果になりました。

攻撃7+見切り7」にした場合のダメージ増加率は、やや落ちて”+18.14%“となりました。

まとめ

MHWIBアステラ食道風景

前回に続き、またまたややこしい記事を最後までお読みいただき、ありがとうございました。

どちらも1スロスキルで、気軽に付けられる”攻撃”と”見切り”。

例えば、防具のスキル等で、「攻撃×2 見切り×2」が既に付いている場合、空きスロット数が1つの場合は”見切り(達人珠)×1“を付ける方が有利に。逆に、空きスロット数が2つの場合は、”攻撃(攻撃珠)×2“を付ける方が有利となってきます。

この様に、攻撃と見切りは、”どちらか一方だけ付ける“のではなく、”空きスロット数に応じて複合的に使い分ける“のが最適だと思います。

「小難しい話はちょっと…」という方は、とりあえず、

空きスロ数別攻撃と見切り最適な組合せ
  • 空きスロ数1~3:見切りのみ
  • 空きスロ数4~6:攻撃4+残りを見切り
  • 空きスロ数7以上:見切り7+残りを攻撃

だけ覚えておいてもらえば良いと思います。

“鉱石素材系武器”と”ネルギガンテ素材系武器”で同じ結果になりましたので、マスターランクのほとんどの武器は、このパターンでOKでしょう。良かったら、スキル構成で悩んだ時の参考になさってくださいませ。

また、”超会心”や”会心撃【属性】”が付いている場合や、”会心が発生しないダメージ源”がある場合などは、最適な組合せは変わってきますので、ご注意を!

その辺りも含めて、「色々な攻撃系スキルのダメージ上昇率」についての記事も、書けたらいいなと思いつつ、絶対時間ないよな…と思う今日この頃でした(笑)