おすすめオプション設定で快適に!|MHWアイスボーン新項目も|初心者さん必見

この記事は約9分で読めます。

一瞬の判断力が問われるモンハンにおいて、視認性や入力精度を上げる、“オプション設定”はかなり重要。もしデフォルトのままでプレイしている方がおられましたら、絶対に変更した方が良いと思います。また、狩り中以外でも、ちょっとした入力の快適さって大事ですよね。

モンスターハンターワールド時代と共通の設定項目も多いですが、アイスボーンから追加・変更になっている部分もありますので、改めておすすめのオプション設定について書いてみたいと思います。

なお、個々人によって、当然ベストな設定は違うと思いますので、今回の設定は参考程度とお考えください。

それでは、”カメラ設定“、”コントロール設定“、”ゲーム設定“の三つについて、変更しておいた方が良い設定項目に絞って、おすすめの設定方法をご紹介していきたいと思います。

“オプション設定”の画面は、「コントローラーのOPTIONSボタン⇒システム⇒オプション」で表示できます。

カメラ設定

MHWIBオプションカメラ設定top

まずは、プレイヤー&ハンターの目となる、重要な”カメラ設定”のご紹介からです。”オプション”欄の真ん中の、カメラアイコンの項目ですね。

MHWIBオプションカメラ設定1

ここで設定すべきなのは、

  • ターゲットへの注目方式
  • ターゲットの対象設定
  • 通常時のカメラの速度
  • 照準の移動速度
  • カメラ距離

の五項目。

その中でも必須なのは、モンスターへのターゲッティングに関係する、「ターゲットへの注目方式」と「ターゲットへの対象設定」です。

ターゲットへの注目方式

MHWIBオプションターゲット設定1

ターゲットへの注目方式“は、

  • ターゲットカメラ
  • ロックオンカメラ
  • ターゲットへ注目しない

の、三種類が用意されています。

“ロックオンカメラ”は、モンスターハンターワールドから追加された設定ですね。

デフォルトでは、確か”ロックオンカメラ“に設定されていたと思います。

しかし、複数体同時に相手するケースも出てくる後半では、手動でカメラを移動させる機会も増えてきますので、昔ながらの“ターゲットカメラ”に設定しておくのがおすすめです。

“ロックオンカメラ”は、ちょっとカメラを動かすと、すぐにターゲットが外れてしまいますので…

もちろん、「ロックオンカメラで慣れてるし!」という方は、そのままで大丈夫です。

ターゲットの対象設定

MHWIBオプションターゲット設定2

ターゲットの対象設定“は、

  • 全てのモンスター
  • 大型モンスターのみ

の二つが用意されています。

全てのモンスター“には、わざわざターゲットまでする必要のない、小型モンスターも含まれますので、これは忘れずに、”大型モンスターのみ“に設定変更しておいた方が良いでしょう。

会敵時や、複数体同時狩猟でターゲットを切り替えたい時に、小型モンスターもターゲットしてしまうと、非常に鬱陶しいですからね。

ちなみに、ターゲットする対象は、R3(Rスティック押し込み)で、切り替えられます。

続いて、通常時のカメラと、ガンナー系の照準の移動速度の設定を見ていきましょう。

通常時のカメラの速度

MHWIBオプションカメラ設定とても速い

通常時のカメラの速度“に関しては、

  • とても遅い
  • 遅い
  • 通常
  • 速い
  • とても速い
  • みなぎる速さ

の六種類に増えています。

最速の“みなぎる速さ”は、アイスボーンからの新規追加ですね。

確か、「開発中のネーミングを、面白かったのでそのまま採用した」とか何とかのコメントが有った気がします。

アイスボーンのモンスターは、結構高速で動き回りますので、この項目に関しては、「速い or とても速い or みなぎる速さ」のどれかに設定しておけば良いでしょう。

筆者は今は、”とても速い”にしています。

“みなぎる速さ”も良いのですが、長時間やっていると画面酔いしそうな気がしたので、”とても速い”で妥協しました。

いやホント、ネーミングは大好きなんですけどね(笑)

照準の移動速度

MHWIBオプションカメラ設定速い2

照準の移動速度“に関しても、

  • とても遅い
  • 遅い
  • 通常
  • 速い
  • とても速い
  • みなぎる速さ

の六種類となり、同じく”みなぎる速さ”が追加されています。

こちらも同様に、「速い or とても速い or みなぎる速さ」のどれかに設定しておけば良いでしょう。

カメラ距離

MHWIBオプションカメラ設定

意外と見落としがちなのが、カメラ設定2ページ目の最後の項目、”カメラ距離“の設定です。

  • 近い
  • 通常
  • 遠い

の三つから選べるのですが、こちらは“遠い”を選択しておくのがおすすめです。

本当にアイスボーンのモンスターはよく動くので、できる限り視野は広く確保しておきたいですからね。もう1~2段階、カメラを引いた設定が有っても良いかなというレベルです。

さて、続いては、”CONTROLS”の設定に移ります。

コントロール設定

MHWIBオプションコントロール設定top

CONTROLES“の設定は、オプション欄の、左から二番目の、コントローラーアイコンの設定項目です。

MHWIBオプションコントロール設定

こちらでは、

  • 方向指定タイプ
  • 自動納刀設定
  • ショートカット操作設定

の三項目について、設定していきましょう。

方向指定タイプ

方向指定タイプ“には、

  • タイプ1:Lスティック上=画面奥 Lスティック下=画面手前
  • タイプ2:Lスティック上=ハンター正面 Lスティック下=ハンター背面

の二種類があります。

“タイプ1”の場合は、例えば回避の場合、”ハンターの向きと関係なく、Lスティックを倒した方向に“回避が発生します。ハンターが右を向いた状態でLスティック下を入力しながら回避すれば、ハンターは画面手前に回避します。

対して”タイプ2”の場合、常に”ハンターの正面方向=Lスティック上“と認識されますので、ハンターが右を向いた状態でLスティック下を入力しながら回避すると、ハンターは画面左方向に回避する事になります。

この設定項目はかなりややこしいので、基本的にはデフォルトの”タイプ1”で良いと思います。

ただ、チャージアックスの”超高出力属性解放斬り”を”高出力属性解放斬り“に変化させたい時や、ランスで”大バックステップ“や”ガード後方ダッシュ“を出したい時、片手剣で”バックステップ“を出したい時など、正確に”ハンターの背面方向をLスティックで指定“する必要がある場合には、“タイプ2”の方が入力ミスが少なくなって使い易くなります。

特に、「チャアクの高出力出しにくいんじゃー!」という方には効果てき面ですので、一度”タイプ2”で試してみる事をおすすめします。

下手の横好きで色んな武器種を使っている筆者的には、“タイプ2”の方がやり易いのですが、この辺りは完全に個々人の好みになりますので、お好きな方を選んでくださいね。

自動納刀設定

“自動納刀”にしていると、意図しないタイミングで納刀が発生したりしますので、この項目は忘れずに、“納刀しない”に設定しておきましょう。”自動納刀”の設定項目自体が、そもそも不要な気がしますが…

ショートカット操作設定

MHWIBオプションコントロール設定3

ショートカット操作設定”では、

  • タイプ1:Rスティックの方向で選択し、スティックをニュートラル(中央)に戻すと発動
  • タイプ2:Rスティックの方向で選択し、R3(Rスティック押し込み)で発動

の二種類から選択します。

デフォルトの”タイプ1“は、”スティックをニュートラル(中央)に戻すと発動”の部分が誤入力を誘発しやすく、「秘薬飲みたいのに、おもむろに研ぎ始める」なんて笑えない状況を招いてしまう事も。

タイプ2“の、“R3(Rスティック押し込み)で発動”の方が確実ですので、こちらにしておくのがおすすめです。

ただ、入力自体は”タイプ1”の方が速いので、慣れている方は”タイプ1”でも良いと思います。

ゲーム設定

MHWIBオプションゲーム設定top

それでは最後に、オプション欄の一番左の、”GAME SETTING“に関する設定を見ていきましょう。

MHWIBオプションゲーム設定1

“GAME SETTING”では、

  • ショートカットのマイセット連動
  • 狩猟笛の操作ガイド設定
  • プレイヤーの透過表示

の三項目について、設定していきます。

ちなみに、”頭装備の表示“に関する設定は、この”GAME SETTING”の2ページ目にありますよ。

ショートカットのマイセット連動

MHWIBオプションアイテム自動設定

“ショートカットのマイセット連動“は、

  • 手動(毎回設定):アイテムマイセットの登録・読み込みのたびにショートカット登録を適用するか確認する
  • 自動適用:常にショートカット登録をマイセットに紐付ける
  • OFF:ショートカット登録をアイテムマイセットに紐付けない

の三つから選択します。

ワールド時代は、この設定項目は無く、全て”自動適用”の扱いになっていました。

デフォルト設定の”手動(毎回設定)”は、アイテムマイセットとアイテムショートカットを複数登録し直す時には非常に便利で、なかなか気の利いた設定項目だなと思います。

しかし、狩り出発前などにアイテムマイセットを呼び出す度に、毎回「ショートカットも呼び出しますか?」的な確認メッセージが入るのは、やや面倒な気も。

アイテムショートカットを一種類しか使わないのであれば、アイテムマイセットと連動しない、”OFF”にしておけば良いですし、”近接とガンナー”や”通常個体と古龍”などでショートカットを分けている場合などは、自動的に連動する”自動適用”にしておいた方が、毎回の確認がなくてスムーズだと思います。

ちなみに、”アイテムショートカットからの調合“に関しては、「ひとつずつ調合」と、「すべて調合」から選べる様になりました。

この辺りについては、”生命の大粉塵の回復量や調合材料&増やし方|”すべて調合”も追加“の記事でも、軽く触れています。

狩猟笛の操作ガイド設定

MHWIB狩猟笛のオプション設定

狩猟笛の操作ガイド設定“も、アイスボーンからの追加設定項目で、

  • 操作ガイドを優先表示:抜刀時のみ旋律効果を表示
  • 旋律効果ガイドを優先表示:納刀時も常に旋律効果を表示

の二種類から選べる様になりました。

旋律効果ガイドを優先表示“の方は、納刀時にも常に狩猟笛の旋律効果が全表示されていて、非常に便利です。

ただ、モンスターに乗った時に右上に表示される、「”攻撃”、”移動”、”耐える”」などの操作ガイドまで表示されなくなってしまうので、その点だけはご注意を!

この辺りを含めて、どちらかお好みでお選びください。

プレイヤーの透過表示

プレイヤーの透過表示”も、アイスボーンから新規追加になった設定項目で、ハンターがモンスターの陰に隠れてしまった場合に、シルエットとしてハンターを表示してくれる便利な機能です。

シルエットの濃さは、”OFF”を含めた、

  • OFF
  • 薄い
  • 普通
  • 濃い

の四種類から選択可能。

これに関しても、ご自身で試してみて、お好みの濃さに設定しておけば良いと思います。

筆者は、とりあえず”普通“に設定しています。

まとめ

集会エリアでくつろぐハンターとオトモアイルー

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

オプション設定に関しては、もっと早く書こうと思っていたのですが、なかなか時間がなくて、この時期になってしまいました。

デフォルトでは使いにくいと評判(?)のモンハンの設定ですが、少し設定を変えるだけで、見違えるほど快適になります。

特に、ターゲット関連アイテムショートカット関連の項目に関しては、なるべく早く設定変更しておいた方が良いでしょうね。

なお、今回ご紹介した設定は、単なる一例に過ぎませんので、是非自分なりのカスタマイズで、使い易い設定を見つけてみてください。