冰気錬成(ひょうきれんせい)用おすすめ装備とスキル~大剣・弓・汎用~MHWアイスボーン

この記事は約12分で読めます。

モンスターハンターワールドアイスボーンから追加された、新スキル”冰気錬成(ひょうきれんせい)

この記事は、先日の”イヴェルカーナ装備の冰気錬成(ひょうきれんせい)が1.3倍で鬼強い!|抜刀大剣復活か“の続きですので、まだの方はあちらを先にお読みくださいませ。

“冰気錬成”は、今作の看板モンスター”イヴェルカーナ”の防具である”ラヴィーナシリーズ“を、4部位装備する事で発動するシリーズスキルです。

この記事では、ラヴィーナシリーズのスキルや空きスロット、作成必要素材、新スキル災禍転福について、MR100未満のおすすめ大剣と防具他武器用の汎用防具構成弓用防具構成、冰気錬成と相性の良さそうな武器種などについて、詳しく解説していきます。



楽天UN-LIMIT紹介コード「DCfQvw89Bxdq」入力で、2000ポイントもらえます!

ラヴィーナシリーズのスロットとスキル構成

まずは、イヴェルカーナ防具の”ラヴィーナシリーズ”の、αとβのスキル構成からご紹介します。

ご存じかとは思いますが、一般的にα装備は”スキルが多く空きスロットが少ない”特徴があり、逆にβ装備は”スキルが少なく空きスロットが多い”特徴があります。

ラヴィーナα装備のスロットとスキル構成

ラヴィーナアルファ装備のスキル構成

ラヴィーナαシリーズは、抜刀技、納刀、ひるみ軽減、災禍転福が全てMAXのレベル3になり、精霊の加護がレベル2で付くスキル構成です。

下表の”スロット”欄では、例えば空きスロット1が5つの場合、”11111″と表記しています。

装備名スロットスキル
EXラヴィーナヘルムα3 2精霊の加護+2 災禍転福+1
EXラヴィーナメイルα1納刀+2 抜刀技+1
EXラヴィーナアームα1納刀+1 ひるみ軽減+2
EXラヴィーナコイルα2 1ひるみ軽減+1 災禍転福+1
EXラヴィーナグリーヴα1 1抜刀技+2 災禍転福+1
合計3 22 11111加護2 納刀3 抜刀技3 ひるみ3 転福3
耐性合計火-15 水10 雷-5 氷20 龍-5

冰龍なので当たり前ですが、氷耐性が20ある代わりに、火耐性は-15となっていますので、火属性攻撃を多用する相手にはご注意を。

α防具にしては空きスロット数が多く、特に1スロは5つも有るので、”体力増強“や”整備“などの準必須スキルも付け易いです。何気に”加護+2“が最初から付いてくるのも嬉しいですね。

ラヴィーナβ装備のスロットとスキル構成

ラヴィーナベータ装備のスキル構成

ラヴィーナβの方は、納刀がレベル3の他は、加護、抜刀技、ひるみ軽減がレベル2となっています。

装備名スロットスキル
EXラヴィーナヘルムβ4 2精霊の加護+2
EXラヴィーナメイルβ4 1納刀+2
EXラヴィーナアームβ4納刀+1 ひるみ軽減+1
EXラヴィーナコイルβ4 1ひるみ軽減+1
EXラヴィーナグリーヴβ4 1抜刀技+2
合計44444 2 111加護2 納刀3 抜刀技2 ひるみ2
耐性合計火-15 水10 雷-5 氷20 龍-5

空きスロ4が5つとやたらと多いので、スロ4の装飾品が揃ってくると、真価を発揮しそうです。

ラヴィーナシリーズの必要素材

ラヴィーナシリーズの作成必要素材についても、調べてみました。

装備名素材名
EXラヴィーナヘルム冰龍の重殻3 氷晶の厚龍鱗2 冰龍の冠角1 太古龍骨3
EXラヴィーナメイル冰龍の重殻3 冰龍の剛翼3 冰龍の剛爪2 風漂竜の天鱗1
EXラヴィーナアーム冰龍の重殻3 冰龍の剛翼2 冰龍の冠角2 冰龍の零玉1
EXラヴィーナコイル冰龍の重殻3 氷晶の厚龍鱗2 冰龍の剛爪2 古龍の浄血2
EXラヴィーナグリーヴ冰龍の重殻3 氷晶の厚龍鱗3 冰龍の靭尾1 太古龍骨3 惨爪竜の天鱗1

ラヴィーナシリーズを一式そろえるには、レア素材が三種類必要なんですよね。

ただ、4部位あれば冰気錬成スキルは発動しますので、後述の汎用装備バージョンの様に、「脚だけは別の防具にする」などの場合、レア素材は2種類で済む事になります。また、”会心撃【属性】“目当てなら、頭と腰だけにすれば簡単に作れます。

災禍転福って初耳だけど??

ラヴィーナαに付いている”災禍転福(さいかてんぷく)“は、アイスボーンから登場した、やや変わった発動条件のスキルです。読み方が合ってるかどうかは知りません(笑)

災禍転福スキル説明

スキル説明では、”状態異常や、属性やられを解除すると、一定時間、攻撃性能が強化される“となっています。実際に測ってみると、災禍転福の効果時間は”90秒”でした。ステータスアップ系スキルの中では、結構長い方ですよね。

レベル1で基礎攻撃力がいきなり12(攻撃4相当)も上がりますので、レベル1止めでも十分だと思います。その場合、4スロが3スロになるだけの、”ラヴィーナヘルムだけをβ⇒αに変更“するのがおすすめです。

「このモンスター状態異常も属性攻撃もしてこないし」という場合は、βの方がスロット的に有利ですので、ヘルムに関してはαとβの両方作っておいても良いと思います。別にレアな素材は使いませんしね。

という事で、頭だけαにすると、

装備名スロットスキル
EXラヴィーナヘルムα3 2精霊の加護+2  災禍転福+1
EXラヴィーナメイルβ4 1納刀+2
EXラヴィーナアームβ4納刀+1 ひるみ軽減+1
EXラヴィーナコイルβ4 1ひるみ軽減+1
EXラヴィーナグリーヴβ4 1抜刀技+2
合計4444 3 2 111加護2 納刀3 抜刀技2 ひるみ2 災禍転福1
耐性合計火-15 水10 雷-5 氷20 龍-5

こんな感じになります。

この装備をベースにして、まずは冰気錬成スキルと一番相性の良い、大剣の装備構成を考えていきましょう。

その前に、MR100までのおすすめの大剣武器を一つご紹介したいと思います。

MR100までの大剣のおすすめ武器は?

MR100未満帯でのおすすめ大剣は、”クロームデスサイズⅢ:攻撃力1248 会心率0% スロ11 (毒属性540)”です。毒属性は解放が必要なので、実質無属性大剣です。

大剣クロームデスサイズⅢ

鉱石素材を強化していくだけなので、レア素材不要で、早くからとても簡単に作成できます。

同じ攻撃力の”ジャグラスデスクロウⅡ“と比べると、スロット数は劣りますが、白ゲージが長く、切れ味のケアがほぼ不要なのが特徴です。クラッチ武器攻撃連発すると減りますが…

ラスボス大剣も強いのですが、切れ味関係でスロットを圧迫してしまうのと、レア素材が必要なのとで、お手軽で強い”クロームデスサイズⅢ”をこのレベル帯のおすすめとしてみました。

ちなみに、MR100以降のおすすめは、ネルギガンテ素材の”滅鬼の凶器【断】“です。選択肢が増えますので、色々試してみてください!

大剣の冰気錬成おすすめ装備

それでは、冰気錬成発動要件のラヴィーナ4部位を使った、大剣用装備を二種類ご紹介します。

スキル構成的に、”ひるみ軽減+1″だけの“EXラヴィーナコイルβ”を他の防具に変更すると、効率が良さそうです。

その①:ダマスクコイルβで集中+1を付けるパターン

まずは、ラヴィーナコイルβを、”EXダマスクコイルβ:集中+1“に変更してみます。

装備名スロットスキル
EXラヴィーナヘルムα3 2精霊の加護+2  災禍転福+1
EXラヴィーナメイルβ4 1納刀+2
EXラヴィーナアームβ4納刀+1 ひるみ軽減+1
EXダマスクコイルβ4 3 1集中+1
EXラヴィーナグリーヴβ4 1抜刀技+2
合計4444 33 2 111加護2 納刀3 抜刀技2 ひるみ1 災禍転福1 集中1
耐性合計火-8 水6 雷-4 氷16 龍-4

ダマスクコイルβは、大剣と好相性の”集中+1“が付いている上に、スロットが”4 3 1″ととても優秀。作成にレア素材も不要です。

“-15″だった火耐性も、”-8″とマイルドになり、防御面からも使い易く。

一通りスロ3までの装飾品が揃っていれば、クロームデスサイズⅢのスロ11と痛撃の護石Ⅱを使って、

体力3 超会心3 弱点特効3 集中3 納刀術3 抜刀技2 加護2 整備2 ひるみ1 無属性強化1 災禍転福1

まで付けられると思います。

スキルに関しては、あくまでも一例ですので、お好きなようにアレンジしてくださいませ。

次に、”耳栓レベル5“を付ける防具構成を考えてみます。

大剣は一撃が重い分、コンボラストの真溜め斬りを咆哮で防がれると非常にダメージロスが大きくなってしまうので、”耳栓は火力スキル“と言っても過言ではないと思います。「真溜めヒット直前に咆哮で怯む」のは大剣あるあるだと思いますので…

大剣の真溜め3ループに関しては、”大剣真溜め斬りループは「なぎ払い⇒強化撃ち」がおすすめな理由“をご覧くださいませ。

その②:実は優秀なブラントドス防具を使った耳栓パターン

大剣用耳栓レベル5装備のおすすめは、腰をブラントドスの素材を使った、”EXブランコイルα“に変更するパターンです。

装備名スロットスキル
EXラヴィーナヘルムα3 2精霊の加護+2  災禍転福+1
EXラヴィーナメイルβ4 1納刀+2
EXラヴィーナアームβ4納刀+1 ひるみ軽減+1
EXブランコイルα2体力増強+2 耳栓+2
EXラヴィーナグリーヴβ4 1抜刀技+2
合計444 3 22 11加護2 納刀3 抜刀技2 ひるみ1 災禍転福1 体力2 耳栓2
耐性合計火-15 水8 雷-6 氷19 龍-2

“渡りの凍て地のドスジャグラス”感のあるブラントドスですが、”耳栓+2 体力増強+2 スロ2×1“と、腰装備は意外なほどの高性能。ほぼ必須スキルの”体力増強”が+2で付いてくるという、お得な防具です。素材も、楽勝で集まります。

防御力が、ダマスクβに比べて26下がってしまう点と、火耐性が”-15″な点にはご注意ください。その代わり、氷耐性は”+19″ですので、氷属性の敵には滅法強くなりそうです。

クロームデスサイズⅢの武器スロ11と耳栓の護石Ⅲ使用で、

耳栓5 体力3 弱点特効3 集中2 納刀術3 抜刀技2 加護2 整備2 ひるみ1 無属性強化1 災禍転福1

まで付けられました。

さて、冰気錬成は、何も大剣専用という訳ではありません。ここからは、大剣以外の武器種でも使えそうな、汎用装備について見ていきます。

大剣以外の武器種用汎用装備

その①:オドガロン亜種防具で整備+2を付けるパターン

まずは、脚装備をオドガロン亜種の”EXデスガロングリーヴβ“に変更するパターンをご紹介します。ラヴィーナグリーヴに付いている”抜刀技”は、活用できる武器種が少なそうですからね。

装備名スロットスキル
EXラヴィーナヘルムα3 2精霊の加護+2  災禍転福+1
EXラヴィーナメイルβ4 1納刀+2
EXラヴィーナアームβ4納刀+1 ひるみ軽減+1
EXラヴィーナコイルβ4 1ひるみ軽減+1
EXデスガロングリーヴβ4 1 1整備+2
合計4444 3 2 1111加護2 納刀3 整備2 ひるみ2 災禍転福1
耐性合計火-14 水5 雷-6 氷14 龍o

汎用性の高い”整備+2″に加え、空きスロットが”4 1 1″と優秀なデスガロン脚。

レア素材不要ですし、ストーリー中盤から作成可能と、作成可能時期が早いのも魅力です。

その②:イャンガルルガ防具で見切り+2を付けるパターン

続いては、脚装備をイャンガルルガの”EXガルルガグリーヴβ“に変更した、攻撃的なパターンです。

装備名スロットスキル
EXラヴィーナヘルムα3 2精霊の加護+2  災禍転福+1
EXラヴィーナメイルβ4 1納刀+2
EXラヴィーナアームβ4納刀+1 ひるみ軽減+1
EXラヴィーナコイルβ4 1ひるみ軽減+1
EXガルルガグリーヴβ4 2 2見切り+2
合計4444 3 222 11加護2 納刀3 見切り2 ひるみ2 災禍転福1
耐性合計火-10 水5 雷-2 氷14 龍-6

“見切り+2″と、使い易い火力スキルに加えて、“4 2 2″と、空きスロットも超優秀。ガルルガ脚βは、どんな武器種でも使えそうですので、作っておいて損はないでしょう。耐性も、マイルドになっています。

レア素材は不要ですが、作成可能時期がやや遅いのが難点と言えば難点です。

弓専用の冰気錬成装備

腰をネロミェール防具に変更

最後に、腰をネルミェールの”EXテンタクルコイルα“に変更した、弓専用の装備パターンをご紹介します。

装備名スロットスキル
EXラヴィーナヘルムα3 2精霊の加護+2  災禍転福+1
EXラヴィーナメイルβ4 1納刀+2
EXラヴィーナアームβ4納刀+1 ひるみ軽減+1
EXテンタクルコイルα1 1 1体術+2 スタ急+1
EXラヴィーナグリーヴβ4 1抜刀技+2
合計444 3 2 11111加護2 納刀3 体術2 スタ急1 ひるみ1 災禍転福1
耐性合計火-15 水12 雷-1 氷16 龍-6

体術+2 スタミナ急速回復+1“と、弓に必須のスタミナ関係のスキルが付いたテンタクルコイルαはとても優秀。スロットも”1 1 1″と、なかなかです。ただ、火耐性はイヴェルカーナ防具から変わらずで、”-15″のままですね。

EXテンタクルコイルαの作成には、レア素材の“古龍の大家宝×1″が必要ですので、頑張ってGETしてください。色んな古龍が落としますので、そこまで集めにくくはないと思います。

冰気錬成と相性の良さそうな武器種は?

色んな武器種で使えそう ~納刀のススメ~

冰気錬成で青く光るチャアク

冰気錬成を高倍率で使いこなすには、とにかく納刀してゲージを速く回復させる事が重要です。

ラヴィーナシリーズに“納刀術”も付いているのは、その為の配慮なのでしょう。

隙を見て納刀ダッシュで接近し、数発殴って離脱する“という、モンハン近接武器の基本的な戦い方をするのであれば、案外色んな武器種で使えそう。盾職であるランスとガンランス、抜刀状態が長いライトボウガン辺りに関しては、少々きつそうな気がしますが。

ヘビィボウガンに関しては、”冰気錬成+抜刀術【技】”を使った、”抜刀ヘビィ“という面白いビルドもある様です。ヘビィは元々、クラッチからの武器攻撃が強めなので、なかなかのダメージが出る様ですよ! クラッチクロー攻撃に関しては、良かったら”クラッチクロー武器種ダメージランキング&有効な使い方解説“をご覧ください。

ハンマーは、抜刀状態の回復速度でではありますが、溜め中にもゲージが回復していきますので、結構使い易いと思います。

太刀に関しては、アイスボーンから追加された居合構えの“特殊納刀”中は、なんと通常の納刀状態と同じ速度(満タンまで3秒)でゲージが回復していきます。ただ、見切り斬り待ちの抜刀状態で居る事も多いと思いますので、冰気錬成との相性はプレイスタイル次第といった所でしょうか。使いこなせれば、かなり強い予感がします。

冰気錬成のゲージ回復速度については、前回の”イヴェルカーナ装備の冰気錬成(ひょうきれんせい)が1.3倍で鬼強い!“に詳しく書いてあります。

後は、マルチの方がモンスターがよく動いて、納刀ダッシュする機会が増えますので、高倍率を引き出し易いと思います。

弓は意外な程に好相性

試してみて、意外な程に冰気錬成と相性が良かったのが、弓でした。スタミナ回復中に納刀しておけば、ついでに冰気ゲージも回復しますので、冰気錬成高倍率の維持が容易でしたし、冰気ゲージの減少も緩やかです。

弓については、また専用記事を作って、ご紹介できたらと思っています。

まとめ

ユクモ重ね着とマイハウス温泉

またまた長文を最後までお読みいただき、ありがとうございました。

今回は、主に冰気錬成に関連する”防具とスキル構成”にスポットを当ててみました。

スキル発動の為に4部位はラヴィーナシリーズで固定されますが、残りの1部位を何にするかで、スキル構成に色々とバリエーションを持たせる事ができそうです。大剣だけではなく、他の武器種でも、ぜひ使ってみてください。

アイスボーン発売からまだ二週間。今後、4スロ珠が揃ってくると、また最適な防具構成も変わって来る事でしょう。装備やスキルをあーだこーだと考えるのって、本当モンハンの醍醐味ですよね!

どうやら”弓と冰気錬成は好相性“な気がします。その辺りについては、もう少し検証してみてから、また別の記事でご紹介できたらと思っています。

いやー、まさか冰気錬成だけで三部作になってしまうなんて…(笑)