ネロの属性加速と真・属性加速の上昇量判明!|発動条件や継続時間など検証|MHWアイスボーン

この記事は約7分で読めます。

前回の”属性攻撃強化の倍率上限は「+150」と「×1.6倍」の二種類!|おすすめLv考察”に続いて、今回も属性関係のお話です。

モンハンクロス系では、”連撃の心得”という、連続攻撃で会心率が上がるスキルがありましたが、アイスボーンでは、その属性版とも言うべき、“属性加速”と”真・属性加速”が追加になりました。なかなか使い勝手の良さそうなスキルに仕上がっています。

この記事では、”属性加速”と”真・属性加速”スキルが発動する装備属性値の上昇量連続攻撃の必要回数やスキル継続時間などについて、詳しく解説していきたいと思います。

“属性加速”&”真・属性加速”スキルが発動する装備

属性加速”スキルは、ネロミェール防具のEXテンタクルシリーズを「二部位」、”真・属性加速“の方は同じく「四部位」装備することで発動するスキルです。

EXテンタクルα男装備
EXテンタクルα装備
EXテンタクルβ装備
EXテンタクルβ装備

ベースとなるスキル構成を見てみると、αの方は、「体術5 スタミナ急速回復3 属性やられ耐性3 整備3 渾身2」で、βの方は、「体術3 スタミナ急速回復3 属性やられ耐性1 整備3 渾身1」となっています。スタミナ消費量の大きい、弓や双剣と相性が良さそうなスキル構成ですね。

所で、テンタクルαの男性用装備の見た目は何ですかねこれ… 女性用装備は、結構カワイイと評判なのに! モンハンの装備の見た目の男女格差は、昔からですけども(笑)

“属性加速”と”真・属性加速”はどんなスキル?

まずは、スキル説明文から見ていきましょう。”溟龍(めいりゅう)の神秘”というシリーズスキルの、”属性加速“と”真・属性加速“のそれぞれのスキル説明文は、

  • 属性加速:継続してモンスターに攻撃を当てると一定時間、属性解放/装填拡張Lv2が発動。さらに、属性攻撃力も少し上昇する
  • 真・属性加速:継続してモンスターに攻撃を当てると一定時間、属性解放/装填拡張Lv3が発動。さらに、属性攻撃力も上昇する

となっています。

まずは、この“少し上昇”と”上昇”の数値を、具体的に検証してみました。

“属性加速”と”真・属性加速”の属性値上昇量

色々な武器で、”属性加速”と”真・属性加速”を発動させて検証してみた結果、

属性値上昇量
属性加速+60
真・属性加速+150

の、固定値上昇となっている事が判明しました。固定値上昇なので、元の属性値が低くても大丈夫です。

属性攻撃強化スキルの計算式を見てみると、

属性攻撃強化Lv属性値計算式
Lv1+30
Lv2+60
Lv3+100
Lv4元属性値×1.05+100
Lv5元属性値×1.1+100
Lv6元属性値×1.2+100

なので、”属性加速“の方は、ちょうど”属性攻撃強化Lv2″と同じ上昇量になっています。

真・属性加速“と”属性攻撃強化Lv6″を比較してみると、ちょうど“元の属性値250″で同じ上昇量に。それ以上元の属性値が上がると、掛け算部分のある“属性攻撃強化Lv6″の方が有利になっていきます。

属性値の増加上限値などについては、”属性攻撃強化の倍率上限は「+150」と「×1.6倍」の二種類!|おすすめLv考察“の記事にまとめてありますので、良かったら併せてお読みください。

次は、”属性解放/装填拡張“の部分について見ていきましょう。

「属性解放/装填拡張」部分について

属性解放/装填拡張“のスキル説明は、

  • Lv1:隠された属性の1/3を引き出す。/一部の弾の装填数が増加
  • Lv2:隠された属性の2/3を引き出す。/多くの弾の装填数が増加
  • Lv3:隠された属性を100%を引き出す。/ほとんどの弾の装填数が増加

です。

先ほど検証した属性上昇量の数値と合わせると、

スキル効果
属性加速隠れ属性値×2/3+60
真・属性加速隠れ属性値+150

となりますね。

隠れ属性値が無い場合や、普通に属性が付いている場合は、そのまま「+60」と「+150」されるだけです。

ちなみに、属性加速の方の”属性解放/装填拡張Lv2が発動”というのは、“スキルレベルが+2される”という意味なので、装飾品などで“属性解放/装填拡張Lv1″を発動させておけば、ちゃんとレベル3で発動し、属性値に”+60″されますので、ご心配なく!

これを含めて、「隠れ属性値が390の場合」を例にして表にまとめてみると、

隠れ属性武器と属性加速&真・属性加速
計算式隠れ属性値390
属性加速隠れ属性値×2/3+60320
属性加速+属性解放Lv1隠れ属性値+60450
真・属性加速隠れ属性値+150540

となりました。

隠れ属性値がある場合の属性値増加量は、かなり大きいですね。“テンタクル2部位+解放珠”での発動が、装備の自由度や属性値の上がり方から、コスパが良さそうです。ボウガン系で、装填拡張Lv3を付けたい場合にも、有効な方法だと思います。

続いて、スキル発動条件の、「継続してモンスターに攻撃を当てる」とはどういう事なのかについて解説していきたいと思います。

“属性加速”と”真・属性加速”の発動条件

「継続してモンスターに攻撃を当てる」とは

“属性加速”と”真・属性加速”の発動条件は、「継続してモンスターに攻撃を当てる」です。

スキル説明文には、いつもの様にざっくり書いてありますが、一体、「何秒以内に、何発」攻撃を当てればいいのでしょう。例によって、トレーニングエリアで検証してみました。

4秒以内のヒットを5~6回繰り返す

弓や大剣、スラッシュアックスなど、色々な武器種で荷車をぶっ叩いて試してみた所、どうやら、ほとんどの武器種と攻撃方法で、

“4秒以内にターゲットに攻撃を当てる”のを、5~6回繰り返す

で発動するという共通点がありました。なお、全ての武器種でこれに当てはまる訳ではありませんので、ご参考程度とお考えください。

弓の連射やボウガンの貫通弾などは複数ヒットしますが、その場合は、”1射撃を1回とカウント“する方式で計算されている様です。4秒以内に再ヒットすれば、攻撃が外れても問題ありませんでした。

双剣の場合は、”乱舞ワンセット+数回”の攻撃で発動したりと、特殊なカウント方法になっている場合もありました。

弓の場合の攻撃回数と発動までの秒数

弓の属性加速

ちなみに、一番属性加速と相性の良さそうな弓で、スキル発動までの攻撃回数と秒数を計測してみた所、

攻撃方法攻撃回数秒数
R2射撃のみ5回約3秒
CS射撃5回約5秒
CS射撃+剛射6~7回約8秒

という結果になりました。”CS”は、”チャージステップ”の略です。

最速で発動したい時は、R2でパシャパシャやるのが良さそうです。

“属性加速”と”真・属性加速”のスキル継続時間

ストップウォッチ片手に測ってみた結果、”属性加速”と”真・属性加速”の発動継続時間は、両方とも”45秒間”でした。そこそこ長いですよね。

一度発動さえしてしまえば、何もしなくても45秒間は効果が継続します。逆に、連続で攻撃を当て続けていても、45秒経った時点で100%強制終了になります。

“属性加速”と”真・属性加速”の比較表

最後に、ここまでの結果をまとめて、比較表を作ってみました。

属性加速と真・属性加速比較表
属性加速真・属性加速
属性値上昇量+60+150
属性解放/装填拡張+Lv2+Lv3
発動条件4秒以内に5~6発4秒以内に5~6発
加速状態継続時間45秒45秒

発動条件や、加速状態の継続時間に関しては全く同一で、“属性値上昇量”と”属性解放/装填拡張のレベル”は、スキルレベルによって上昇していました。

まとめ

MHWIBオトモアイルー

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

アイスボーンから追加された、“属性加速”と”真・属性加速”スキル。

発売前の公式コメントなどでも、このスキルの存在は公表されていましたね。

発動要件が簡単で、継続時間もそこそこ長いので、使い易いスキルに仕上がっていると思います。

元々スタミナ関係のスキルが豊富なテンタクルシリーズなので、弓や双剣と好相性。他の武器種でも、珍しい”属性やられ耐性“や汎用性の高い”整備“目的で装備するのも良いでしょう。四部位必要な”真・属性加速”が重ければ、二部位で発動する、”属性加速”だけでも良いと思います。

また、”隠れ属性値”のある武器を使いたい場合や、ボウガンで装填拡張を使いたい場合は、「テンタクル2部位+解放珠」辺りで”属性解放/装填拡張Lv3″を発動させるのが、おトク感がありますね。

さて次回は、今回ご紹介した“属性加速”&”真・属性加速”と、その前の記事でご紹介した、イヴェルカーナ防具の“冰気錬成”の、ダメージ比較などをしてみたいと思っています。良かったら、お読みくださいませ。