物理と属性どっちが強い?各攻撃の属性ダメージ割合解明|スラアク チャアク ハンマー 笛 操虫棍編|MHWアイスボーン

この記事は約9分で読めます。

前回は、「大剣・片手剣・太刀・双剣」の、各主要攻撃モーション毎の、属性ダメージ割合を検証していきました。

未読の方は、ぜひ”各攻撃の属性ダメージ割合解明|大剣 片手剣 太刀 双剣編“の方を先にお読みくださいませ!

さて今回は、引き続き「スラッシュアックス・チャージアックス・ハンマー・狩猟笛・操虫棍」の、属性ダメージ割合を検証していきたいと思います。

結構意外な検証結果になっている事も多く、面倒だけどなかなか楽しい検証になりました(笑)

なお、属性ダメージ割合は肉質や武器によって当然変わりますので、一連の検証は、“全体をざっくり比較する為の目安”ぐらいにお考えください。

皆様の、スキル構成や、属性強化時に有利な行動などの、参考になれば幸いです。

属性ダメージ割合ランクについて

属性ダメージ割合○○%“だけでは、やや分かりにくいと思いますので、攻撃モーション毎に、

属性ダメージ割合ランク
  • 22%以上 :rank S(とても高い)
  • 18~22%:rank A(高い)
  • 13~18%:rank B(平均的)
  • 8~13% :rank C(低い)
  • 8%未満 :rank D(論外)

の、属性割合ランクを設定しています。

大体、”15.0%前後のランクB“ぐらいであれば、平均的な属性ダメージ割合と言えると思います。

なお、ランク付けの属性割合は、属性未強化時の数値を参照しています。

“属性割合の検証条件”及び、”柱肉質”については、前回の、”各攻撃の属性ダメージ割合解明|大剣 片手剣 太刀 双剣編“の方をお読みくださいね。

それでは早速、スラッシュアックスの属性ダメージ割合から見ていきましょう!

スラッシュアックスの属性ダメージ割合

mhwibイシュワルダスラッシュアックス
スラッシュアックス
攻撃方法rankHit数物理
ダメージ
属性
ダメージ
属性割合属強Lv6
ダメージ
属強Lv6
属性割合
斧抜刀斬りA1721820.0%2425.0%
斧振り回し×3
⇒強化叩きつけ
C55117212.3%10917.6%
剣抜刀斬りB11061814.5%2418.5%
剣二連斬り
⇒飛天連撃
B43937215.5%9920.1%
(高出力)
剣抜刀斬り
B21422414.5%3318.9%
(高出力)
剣縦斬り
⇒右斬り上げ
⇒左斬り上げ
⇒二連斬り
B1271414316.7%19521.5%
(高出力)
零距離
属性解放突き
B17109316513.1%22216.9%
  • 基礎攻撃力:295
  • 覚醒属性値:510
  • Lv6属性値:710
  • 強撃ビン

スラッシュアックスの斧モードの”抜刀斬り“は、属性割合20.0%でランクA。

斧振り回し(〇)×3⇒強化叩きつけ(△)“の斧強化コンボでは、強化叩きつけの物理モーション値が大きく、平均すると属性割合12.3%でランクCでした。斧モードでは、行動によって結構差が出ていますね。

逆に剣モードでは、”剣抜刀斬り“、スラッシュゲージを溜めやすい”飛天連撃(〇)“コンボ、”△×3⇒〇“の剣六連高DPSコンボ、張り付きパンパンの”零距離属性解放突き(△+〇)“などの主力技で、全て15%前後のランクB(平均的)と、癖のない属性割合となっていました。

スラッシュアックスは、極端に属性ダメージ割合の低い攻撃がなく、属性攻撃的に使い易い武器種と言えるでしょう。

ちなみに、強属性ビンの”蛮炎剣斧ロギンシスカ(基礎攻撃力285 火属性値600)“で、ゲージ強化なしの剣抜刀斬りだけ試してみた結果、

  • 物理ダメージ:87
  • 属性ダメージ:30
  • 属性ダメージ割合:25.6%(rank S)

と、さすがの高い属性ダメージ割合となっていました。

チャージアックスの属性ダメージ割合

チャージアックス
攻撃方法rankHit数物理
ダメージ
属性
ダメージ
属性割合属強Lv6
ダメージ
属強Lv6
属性割合
剣抜刀斬りB1621317.3%2024.4%
溜め二連斬りB21402615.7%4022.2%
斧抜刀斬りD1172137.0%2010.4%
超属性解放斬りD7858303.4%515.6%
(斧強化状態)
斧抜刀斬り
D4265227.7%3210.8%
(斧強化状態)
斬り上げ
⇒属性解放Ⅱ
D16801687.8%10311.4%
  • 基礎攻撃力:295
  • 覚醒属性値:390
  • Lv6属性値:570
  • 榴弾ビン

平均的だったスラアクに比べ、チャージアックスは、かなり属性割合の変動が激しいです。

剣モードの”剣抜刀斬り“や、繁用する”溜め二連斬り(〇溜め)“では、属性割合17.3%と15.7%で、両方ランクBで平均的な属性ダメージ割合でした。

しかし、”斧抜刀斬り(R2)“では、属性割合7.0%で、残念ながらランクD(論外)に。

超属性解放斬り(△+〇)“に至っては、全武器種中最低レベルの3.4%となりました…

まぁ、榴弾ビン解放には、属性は全く乗りませんので、当然と言えば当然ですが。

なお、今回の計測は全て、”盾強化あり+剣強化なし”で行っています。

アイスボーンから追加された新強化、”斧強化状態“では、どういう理屈かビン爆発にも属性が乗る様なのですが、”斧抜刀斬り“で7.7%のランクD、”斬り上げ(△)⇒属性解放斬りⅡ(〇)“の定点高火力コンボでも7.8%のランクDと、属性攻撃的には微妙な数値となっていました。

「属性攻撃したければ、強属性ビン使えばいいじゃん!」という事なんでしょうかね。

ハンマーの属性ダメージ割合

mhwibイシュワルダハンマー
ハンマー
攻撃方法rankHit数物理
ダメージ
属性
ダメージ
属性割合属強Lv6
ダメージ
属強Lv6
属性割合
抜刀殴りA1621721.5%2327.1%
縦振りⅠ
⇒縦振りⅡ
⇒アッパー
C3487519.5%6912.4%
〇叩きつけ×5C710871199.9%16112.9%
(溜め3から)
空中回転攻撃
C56668511.3%11514.7%
(溜め3から)
地上回転×6
⇒強アッパー
B767411915.0%16119.3%
(溜め3から)
強叩きつけ
C33845111.7%6915.2%
(溜め3から)
強叩きつけ
⇒クラッチ
⇒武器攻撃
B1086914114.0%19518.3%
  • 基礎攻撃力:295
  • 覚醒属性値:480
  • Lv6属性値:680

ハンマーは、”抜刀殴り“こそ21.5%でランクAですが、基本的にモーション値の高い攻撃が多く、属性ダメージ割合としては、全体的に低めのランクCが多くなっています。

なお、検証条件は、抜刀殴り以外は、全て”力溜め状態”での計測です。

斜面滑走からの爽快な縦グルグル、”空中回転攻撃“は、属性値高そうだなーと勝手に思って使っていたのですが、結果は11.3%のランクCと、平均よりも低めの属性割合に。

それならばと、溜め3からの”地上回転攻撃(Lスティック+R2離す)×6発⇒強アッパー(△)“で試してみた所、なんとか標準的な15.0%のランクBまで上がりました。

個人的に試してみたかった、アイスボーンから追加のクラッチコンボ、”溜め3強叩きつけ(R2離す)⇒クラッチ(L2)⇒張り付き武器攻撃(△)“も、14.0%のランクBで、平均的な属性ダメージ割合となっていました。

Hit数自体は全体的に多めなので、属性攻撃よりも、状態異常攻撃系の方が向いている武器種かもしれませんね。

狩猟笛の属性ダメージ割合

狩猟笛
攻撃方法rankHit数物理
ダメージ
属性
ダメージ
属性割合属強Lv6
ダメージ
属強Lv6
属性割合
抜刀殴りB11151813.5%2417.3%
叩きつけB22193614.1%4818.0%
右連音攻撃A21513619.3%4824.1%
柄殴りS1411830.5%2436.9%
L2響音攻撃A53217418.7%10424.5%
演奏
⇒前方演奏
B776811513.0%15416.7%
  • 基礎攻撃力:295
  • 覚醒属性値:510
  • Lv6属性値:710

今回の検証で、予想以上に属性割合が高かったのが、狩猟笛でした。

何となく、鈍器仲間のハンマーと同じぐらいの、低めの属性割合かなと予想していたのですが、全然そんな事はなく、演奏攻撃含めた全てのモーションで、Bランク以上の属性割合となっていました。

特に、”右連音攻撃(Lスティック+〇)“や”柄殴り(下入力+任意の攻撃ボタン)“、アイスボーンから追加の笛グルグル”響音攻撃(L2)“は、軒並みAランク以上の、高い属性割合となっています。

この辺りのモーションを中心に攻撃していけば、双剣や片手剣に匹敵する、属性武器としての運用も可能なのではないでしょうか。

なお、今回の検証では、全て”自己強化”と”攻撃力UP【小】”の重ね掛けによる、攻撃力上昇効果が乗っています。

操虫棍の属性ダメージ割合

mhwibイシュワルダ操虫棍
操虫棍
攻撃方法rankHit数物理
ダメージ
属性
ダメージ
属性割合属強Lv6
ダメージ
属強Lv6
属性割合
抜刀斬りC1931110.6%1614.7%
抜刀斬り
⇒飛円斬り
C3329369.8%4812.7%
強化なぎ払い
⇒強化連続斬り上げ
⇒強化けさ斬り
B84628816.0%12721.6%
強化ジャンプ
突進斬り
S4762826.9%4034.5%
急襲突きD6584356.0%619.5%
  • 基礎攻撃力:295
  • 覚醒属性値:390
  • Lv6属性値:570

思い込みというのは、良くないですね。

またまた勝手に、「手数多いし、属性割合高そう」と思っていた操虫棍ですが、”抜刀斬り“と”飛円斬り(〇)“はhit数が少なく、結構割合低めのCランクでした。

地上定点コンボの、”強化なぎ払い(〇)⇒強化連続斬り上げ(△)⇒強化けさ斬り(△)“の場合は、何とか平均的なランクBに。

強化ジャンプ突進斬り(空中で〇)“も試してみた所、こちらはイメージ通り高めの属性割合で、26.9%のSランクでした。総ダメージは知りませんが、空中攻撃を多用するプレイスタイルの場合は、なるべく属性ダメージを盛った方が良いでしょうね。

アイスボーンから追加の”急襲突き(猟虫強化あり)“ですが、こちらは逆に、意外なほど属性ダメージ割合が低く、なんと6.0%のランクD(論外)でした。そもそも、猟虫自体に属性が付いている関係で、ハンターの属性は乗らないからでしょうね。

今回の検証は、”シナトオオモミジⅢ・攻 龍属性Lv20″を装備し、常に三色を取った状態での計測でした。

まとめ

またまた最後までお読みいただき、ありがとうございました。

前回の「大剣・片手剣・太刀・双剣編」に引き続き、各武器各モーションの、属性ダメージ割合の検証を行ってきましたが、いかがだったでしょうか?

今回検証した中では、“狩猟笛”の属性割合がかなり高かったのが予想外でした。このレベルなら、双剣や片手剣と比べても、遜色ないでしょう。

スラッシュアックスも、極端に低割合のモーションがなく、属性汎用性が高い印象です。

操虫棍は、筆者が勝手に「属性強い系武器」だと思っていたのですが、モーションによって、かなり属性割合に差がある事が分かりました。

属性ダメージ割合って、実際に計測してみないと、なかなか分からないものですね~

さて、属性割合編最終回の次回は、残りの「ランス・ガンランス・ライトボウガン・ヘビィボウガン・弓」の属性ダメージ割合について検証していきたいと思っています。

いよいよ、属性武器筆頭クラスの弓の登場です。お楽しみに!

↓属性割合編最終回できました!↓