物理と属性どっちが強い?各攻撃の属性ダメージ割合解明|ランス ガンランス ヘビィボウガン ライトボウガン 弓|MHWアイスボーン

この記事は約10分で読めます。

いよいよ今回は、属性ダメージ割合編の最終回です。

これまでに、

  • 第一回:大剣・片手剣・太刀・双剣
  • 第二回:スラッシュアックス・チャージアックス・ハンマー・狩猟笛・操虫棍

の、各主要攻撃モーション毎の、属性割合を検証してきました。

未読の方は、ぜひ

を先にお読みくださいませ。

さて最終回の今回は、残りの「ランス・ガンランス・ヘビィボウガン・ライトボウガン・弓」の、各主要モーションについての、属性ダメージ割合を検証していきたいと思います!

なお、属性ダメージ割合は肉質や武器によって当然変わりますので、一連の検証は、“全体をざっくり比較する為の目安”ぐらいにお考えください。

皆様の、スキル構成や、属性強化時に有利な行動などの、参考になれば幸いです。



楽天UN-LIMIT紹介コード「DCfQvw89Bxdq」入力で、2000ポイントもらえます!

属性ダメージ割合ランクについて

属性ダメージ割合○○%“だけでは、やや分かりにくいと思いますので、攻撃モーション毎に属性未強化時の数値を基に、

属性ダメージ割合ランク
  • 22%以上 :rank S(とても高い)
  • 18~22%:rank A(高い)
  • 13~18%:rank B(平均的)
  • 8~13% :rank C(低い)
  • 8%未満 :rank D(論外)

の、属性割合ランクを設定しています。

大体、”15.0%前後のランクB“ぐらいであれば、平均的な属性ダメージ割合と言えると思います。

“属性割合の検証条件”及び、”柱肉質”については、第一回の、”各攻撃の属性ダメージ割合解明|大剣 片手剣 太刀 双剣編“の方をお読みくださいね。

それでは早速、ランスの属性ダメージ割合から見ていきましょう!

ランスの属性ダメージ割合

mhwib-ラスボスランス
ランス
攻撃方法rankHit数物理
ダメージ
属性
ダメージ
属性割合属強Lv6
ダメージ
属強Lv6
属性割合
中段突き単発B1621216.2%1721.5%
中段突き×3B32083614.8%5119.7%
上段突き×3B32223614.0%5118.7%
(最大溜め)
カウンター突き
C1125128.8%1712.0%
突進
フィニッシュ
C2190188.7%2511.6%
  • 基礎攻撃力:295
  • 覚醒属性値:510
  • Lv6属性値:710

ランスには、全体的に、”属性ダメージ0.7倍“程度の属性下方補正が入ってしまってるんですよね。

それでも、手数の多さから、メインの”中段突き(△)“と”上段突き(〇)“の属性ダメージ割合は、どちらも平均的なランクBを維持しています。

カウンター突き(R2+〇)“と”突進フィニッシュ(突進中△)“では、物理モーション値の大きさからランクCになっていますが、総合的には、標準的な属性武器として十分使っていけるレベルだと思います。

属性下方補正さえなければもっと割合高かったのに、残念ですよね~

ガンランスの属性ダメージ割合

mhwibラスボスのガンランス
ガンランス
攻撃方法rankHit数物理
ダメージ
属性
ダメージ
属性割合属強Lv6
ダメージ
属強Lv6
属性割合
踏み込み
突き上げ
B1931816.2%2420.5%
水平突きA1751819.4%2424.2%
水平突き×3A32255419.4%2424.2%
ガード突きS1561824.3%2430.0%
斬り上げ
⇒叩きつけ
⇒なぎ払い
C34555410.6%7414.0%
(ヴァルスピサ)
ガード突き
⇒溜め砲撃
C2物理50
砲撃158
188.0%2410.3%
(ヴァルスピサ)
ガード突き
⇒溜め砲撃
+起爆竜杭
D3物理50
砲撃158
竜杭105
185.4%247.1%
  • 基礎攻撃力:295
  • 覚醒属性値:510
  • Lv6属性値:710
  • 砲撃タイプ:拡散Lv5

正直、属性に関しては全く期待していなかったガンランスですが、”踏み込み突き上げ(Lスティック+△)“でランクB、”水平突き(△)“でランクA、”ガード突き(R2+△)“ではランクSと、意外な程に高い属性割合になっていました。

斬り上げ(△+〇)⇒叩きつけ(△)⇒なぎ払い(△)“の叩きつけループは物理モーション値が高く、属性ダメージ割合的には10.6%のランクCに。

砲撃なしの「殴り専門ガンス」の場合は、属性重視なら水平突き物理重視なら叩きつけループと、使い分けると良いでしょうね。軽く試してみた所、DPS的にはどちらも似たような数値でした。

ちなみに、物理ダメージの近い、ランスの”上段突き×3“とガンスの”水平突き×3“を比較してみると、

武器種物理
ダメージ
属性
ダメージ
合計
ダメージ
ランス22236258
ガンランス22554279

となっていて、ほぼ属性ダメージだけが違う結果に。

殴りガンランスは、ちょうど「属性下方補正のないランス」みたいなイメージですね。

砲撃に関しては、現在主流なのが”放射型の溜め砲撃タイプ“だと思いますので、

  • 名称:屍銃槍ヴァルスピサ
  • 基礎攻撃力:265
  • 龍属性値 :510
  • Lv6属性値:710
  • 砲撃タイプ:放射Lv6

を使って、よくあるシチュエーションの、”ガード突きからの砲撃“で計測してみました。

結果はまぁ予想通りで、”ガード突き(R2+△)⇒溜め砲撃(〇長押し)“では属性割合8.0%のランクC、”ガード突き⇒溜め砲撃+起爆竜杭“では5.4%のランクD(論外)となっていました。放射溜め砲撃タイプの場合は、残念ながら属性値を上げても効果は限定的といった感じですね。

てか、放射溜め砲撃はそろそろ飽きてきたので、超絶殴り性能のガンスとか、面白そうなの出してくださいよカプコン様…

ヘビィボウガンの属性ダメージ割合

mhwib-ラスボスヘビィボウガン
ヘビィボウガン
攻撃方法rankHit数物理
ダメージ
属性
ダメージ
属性割合属強Lv6
ダメージ
属強Lv6
属性割合
火炎弾S1202151.2%3362.3%
  • 基礎攻撃力:315
  • 属性値:220
  • Lv6属性値:350

さて、いよいよガンナー御三家の登場です。まずは、ヘビィボウガンから。

筆者は勝手に、「属性弾なんだから、9割ぐらいは属性ダメージなんじゃないの!?」とか思っていたのですが、実際は物理ダメージも半分ぐらいはあって、属性ダメージ割合は51.2%でした。ほんと、我ながら思い込み多過ぎだなと(笑)

まぁそれでも、当然のランクSで、ぶっちぎりの属性ダメージ割合第一位なんですけどね!

なお、火・水・雷・氷の四属性弾は、全て同じ威力です。やたらと多段ヒットする滅龍弾(龍属性値180)は、メインで使う事はないと思いますので、今回は省略しています。

ボウガンの属性弾の場合は、属性ダメージに攻撃力が関係したり、属性上限値計算が特殊だったりと、近接武器とは少々違う点もあります。この辺り含めて、一度記事にまとめたいとは思っているんですけど、なかなか時間がなくて…

とりあえず、属性値の上限については、

をご覧くださいませ~

ライトボウガンの属性ダメージ割合

ライトボウガン
攻撃方法rankHit数物理
ダメージ
属性
ダメージ
属性割合属強Lv6
ダメージ
属強Lv6
属性割合
火炎弾S1202050.0%3261.5%
(冥灯)
水冷弾速射
S3一発目:18
二発目:9
三発目:9
一発目:18
二発目:9
三発目:9
50.0%一発目:29
二発目:14
三発目:14
61.3%
  • 基礎攻撃力:305
  • 属性値:220
  • Lv6属性値:350

ライトボウガンの属性弾の属性ダメージ割合も、ヘビィの場合とほぼ同じで、ちょうど属性割合50.0%のSランクでした。

ボウガン系の属性弾に関しては、基本的にヘビィもライトも共通ですので、

  • ヘビィ(攻撃力315):物理ダメ20 属性ダメ21
  • ライト(攻撃力305):物理ダメ20 属性ダメ20

と、ほぼ同じダメージとなっています。

基礎攻撃力10の差で、属性ダメージ1だけヘビィの方が上になっていますね。

属性弾速射“の属性割合についても気になったので、速射のできる”魂焔の龍弩・冥灯:基礎攻撃力275″を使って計測してみました。

属性弾速射の場合、物理ダメージも属性ダメージも、

  • 一発目:100%
  • 二発目:50%
  • 三発目:50%

になるだけなので、属性割合的には全く変わらずの50.0%でした。

てか、モンハンってやたらと中二病的な読みにくい名前つけますよね… たぶんこれは、” 魂焔の龍弩・冥灯(こんえんのりゅうど・めいとう)”だと思います。

弓の属性ダメージ割合

mhwibラスボス弓装備
攻撃方法rankHit数物理
ダメージ
属性
ダメージ
属性割合属強Lv6
ダメージ
属強Lv6
属性割合
クイックショットC342612.5%1222.2%
通常C117210.5%315.0%
通常3連B61312616.6%3822.5%
通常3連⇒剛射B112615617.7%8324.1%
溜め3通常A3721820.0%2727.3%
溜め3通常⇒剛射A82024819.2%7226.3%
溜3めからの
剛射単独
A51303018.8%4525.7%
溜め3竜の一矢D6336123.4%246.7%
(弓溜め解放)
通常4連
B92094417.4%6824.5%
(弓溜め解放)
通常4連⇒剛射
A153659220.1%14628.6%
(弓溜め解放)
溜め4通常
A3781818.8%3027.8%
(弓溜め解放)
溜め4通常⇒剛射
S92346622.0%10831.6%
(弓溜め解放)
溜め4からの
剛射単独
S61564823.5%7833.3%
(弓溜め解放)
溜め4竜の一矢
D6354123.3%246.3%
  • 基礎攻撃力:295
  • 覚醒属性値:270
  • Lv6属性値:420

属性ダメージ割合編のラストを飾るのは、属性武器最強クラスの弓です。せっかくなので、少々詳しめに計測してみました。

「弓なら、全部Aランク以上か、悪くてもBランクじゃないの!?」とか、またまた勝手に思っていたのですが、実際は、溜めなしの”通常射撃(R2)“で12.5%、”クイックショット(〇)“で10.5%と、両方共属性割合Cランクという意外な結果になりました。

もうほんと、思い込みが激しくてすみません(苦笑)

属性値270の属性ダメージ理論値は8なので、大体”属性補正0.2~0.3倍“程度の下方補正が入っている感じですね。

しかし、溜め段階を上げていく事で、”溜め3通常射撃“で20.0%のランクA、”溜め3通常射撃⇒剛射(〇)“で19.2%のランクAと、 ちゃんと属性ダメージ割合も上昇していきます。

弓溜め段階を解放する事により、属性ダメージ割合はさらに上昇し、”溜め4通常射撃⇒剛射“では、22.0%のランクSに到達。弓の属性武器としての、本領発揮といった所でしょうか。

竜の一矢ランクD(論外)“さんは、まぁ、うん…

まとめ

mhwibセリエナ集会所の夕日

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ぶっちぎりの属性割合トップは、ほぼ半分が属性値の、ボウガン系の属性弾でした。まぁ名前からして、当然と言えば当然ですけども。

属性攻撃強化を積めば、2/3近くまで属性割合が上がりますね~

所で、一発の弾丸で複数回撃てる”速射”って、残りは一体何を発射してるんですかね…??

弓は、溜めなし通常射撃&クイックショットが、ランクCだったのが意外でした。

弓って、ちゃんと溜め段階を上げて攻撃しないとダメージの出ない、テクニカルな武器ですよね。なお、R2連射で溜め段階を上げていくのは、戦略として、もちろんアリです。

ランスとガンランスの、属性補正のありなしとかは、改めて比較してみると面白いもんだなーと思いました。

さて、これまで三回に渡って、各武器種各モーションの、属性ダメージ割合を検証してきましたが、いかがだったでしょうか?

属性割合高めの武器種でも、攻撃モーションによってはランクCだったりDだったり。思っていたのとは違う、意外な結果だったのも多かったのではないでしょうか。

はい。筆者は、そんなのばかりでしたが(笑)

なお、この属性割合編は、全武器種の包括的な属性割合を掴むための、かなりざっくりとした検証になっています。

時間の都合などで省略している部分も多々ありますが、ご容赦くださいませ…

休みくれーーー(切実)

こんな記事ですが、少しでも、皆様のスキル構成や立ち回りの参考になれば幸いです。

↓属性割合編第一回と第二回のリンクも置いておきますね↓